お金を借りるための方法にはどんなものがある?

お金を借りるための方法には、さまざまなものがあります。お金を借りたい人が最初に考えるのは、銀行から借りるということになるかもしれません。多くの人は人生で一度はマイホームを購入しますから、住宅ローンのお世話になることになるでしょう。銀行では、自動車ローン、ブライダルローン、教育ローンなどの多目的ローンも用意されています。住宅ローンなら金利1%~3%程度、多目的ローンなら2%~5%程度の低金利で借りられることが多いです。

資金使途が自由なローンとしては、フリーローンとカードローンがあげられます。これらは資金使途が自由なので、金利は高めとなっており、銀行で借りた場合でも4.0%~14.5%程度の金利がかかってきます。限度額が800万円を超えると、3.0%以下の低金利で借りられることもあります。

銀行で借りることが一番安心できますが、最近ではほとんどの人がクレジットカードを持っているので、クレジットカードについたキャッシング枠で借りるというのもよいでしょう。10万円~20万円程度の少額融資を受けて、すぐに返済をしてしまうのであれば、金利が18%になっていても利息はそれほどかかりません。

大手の消費者金融では、最初に借りられるのは正社員の人でも50万円以下になることが多く、金利が18%と高めになっているので、デメリットが大きいと感じるかもしれません。しかし、少額のお金をすぐに借りたいという人にはメリットがあります。金利が高くても、借りる金額が少額であり、早めに返済をしてしまうなら利息の負担はそれほどにはなりません。

大手の消費者金融では、最短30分ほどで審査の結果が出て、すぐに振込み融資をしてもらえます。自動契約機なら、その場でカードが発効されて、ATMが利用できます。急ぎで融資を受けたい人は、大手の消費者金融を選んだほうがメリットがあるかもしれません。しかし、時間的な制限があるほど、選択肢は少なくなっていくので、早めに検討をすることが重要です。