キャッシングの初めての申込と審査について

どうしてもお金が足りなくなったとき、すぐに必要なのにどうしたらいいかわからないときに、頭に浮かんでくるのは、キャッシングと言う言葉かもしれません。CMなどでよく耳にする言葉ですが、利用の仕方がわからないという方も多いはずです。

キャッシングの申し込みには、いろいろな方法があります。来店したり電話をしたりもできますが、インターネットでの申し込みが増えてきています。インタ-ネットだけで申込みが完了する商品もあります。

申込したい会社のホームページを見ると、審査を行えるページがあります。このページに必要事項を入力すると、すぐに審査が始まり、結果をメールや電話で知らせてくれます。審査は同時に複数社申し込むのはいけないことなので、必ず一社に絞って審査してもらいます。

キャッシングは、審査の中で、信用情報機関で申込者の他社からの借り入れ状況を調べるので、同時に複数社から借り入れの申し込みをしているとわかってしまいます。返済可能な人物かどうか判断が難しくなり、審査の通過が難しくなります。

必要事項は、本人の名前、住所、連絡先の電話番号、勤務先の名前、住所、電話番号、勤続年数、役職、年収、他社からの借り入れ状況などです。これは本人の確認と、借入した場合に、返済可能かどうかを確認するためです。

勤務先の記入は、キャッシングにおいては、特に重要な事柄です。勤務先で、審査が通過するしないは関係ありません。本人が、本当にここで働いていて、安定した収入を得ているのかを判断するためです。

審査の中で、在籍確認と言って、勤務先にキャッシング会社が電話を入れます。審査がほとんど済んでいて、通過しそうなところまで来ているときです。勤務先の電話番号に電話をし、会社の名前ではなく個人の名前で、かけてきます。その時に本人はいてもいなくても大丈夫です。働いていることが確認できれば、在籍確認は終わりです。 連絡が来て、審査が通過すれば、契約できます。契約後に、キャッシングを利用することになります。