バイナリーオプションの人気の理由とは

バイナリーオプション会社では、通貨や株式などを対象に価格の上下の動きを予測するオプション取引が可能です。極めて少ない金額で購入できるので、学生や主婦にも人気となる金融商品となります。原資を直接売買するわけではないデリバティブ商品なので、投機としての性質の強いものとなりますが、投資にはあまり詳しくない人でも入門として行うことができるものでもあります。対象となる通貨などの値動きを見ることで、経済との関係性にも詳しくなるものとなります。バイナリーオプションの仕組みとしては、購入時から一定の時間が経過したあとの価格が少しでも上がっているか下がっているかを当てることができれば、購入金額に定められた倍率を掛けた払戻金を受け取るという形になります。外れたら購入金額はそのまま没収されて終わりです。ハイリスクハイリターンではありますが、FXや先物のような証拠金を預ける取引とは異なり、損失が限定されるので安心できるものです。また、購入する数も複数選ぶことができるので、単なる当て物というよりも戦略を立てることができるものとなります。実際に利益を出し続ける人は多くの場合、価格の動きを当てるよりも購入の仕方において戦略を持つケースが多く見られます。また、為替相場には独特の動きをする場合があるので、タイミングを見計らうことによって高い確率で利益を出すことも可能となります。ただし、そのような場合は皆が同じことを考えているので、商品が売り切れることも多々あるので注意が必要となります。通常のFX取引を行うことが難しいサラリーマンでも、帰宅後にゆっくりと取り組むことができるのも人気の理由となります。というのも、為替相場は24時間動いているものですし、それに対応して24時間受け付けをしているバイナリーオプションの業者もあるからです。自分の都合の良い時間帯に取り組むことができるので、多くの取引機会を得ることができるものです。

 

 

バイナリーオプションでのリスクヘッジ

 

バイナリーオプションは、為替以外の日経225株価指数や金相場で使われています。現時点より1時間後などの定時間経過後に「上がっているか」「下がっているか」だけを予想するだけの、ごく単純なものです。「いくら上がったのか」「いくら下がったのか」この上下の内容は関係ありません。簡単なことから、初心者でも手が出しやすい取引だと言えるでしょう。そういった特性から、カジノゲームの一つであるハイアンドローになぞらえることも多々あります。確かになにも知識がなく、自分の勘だけに頼るような取引きを繰り返せば、ギャンブルと変わりません。予想が当たると言うことだけに着目すれば、勝率は50%に近づきます。これをシンプルに考えると、対策しなくても最悪勝ちも負けもないところで終わるのではないかと考えてしまいがちですが、リターン率(ペイアウト率)が設定されています。要するに、負ける時には投資した金額のすべてをなくしますが、勝った時にはリターン率がその取引に応じて70%から250%に決められています。仮に70%のリターン率で投資を続け、50%の勝率をキープしたとすれば、実質は負けています。自分の口座のお金は目減りしています。これはカジノのハウスエッジよりも大きな控除率です。かといって、「バイナリーオプションはカジノよりも悪いではないか」という結論を出すのは早急すぎます。バイナリーオプションは勘を頼りに取引するものではなく、データに基づいて、確実性の高い勝ちへの戦略を構築することが可能なのものです。為替であれば、為替の動きを学び、自分がどのような時に勝っているのかを分析しておかねばなりません。またリスクヘッジも反映されます。勝てる勝負で厚めに、厚めに入れれば堅実なところでもしもの場合に備えておく。出来る限り振り込み手数料など少なくするというのもリスクヘッジの一つでしょう。だからこそ「勝っている人」「負けている人」が顕著なのです。

 

 

バイナリーオプションの大きなメリット

 

なぜ株の暴落で資産を失って転落するということが起こるのかと言えば、そこにレバレッジがあるからというのが大きな理由です。証拠金を預ければ、その何十倍にもなり金額を取引できるのがレバレッジです。これには「今だ!」という時に大きく投資して、大きなリターンが狙えるというメリットがあります。それで一夜にして大金持ちになるといったドリームもあります。反面、負ければ清算しなければならないのですから、一夜にしてどん底もありえます。ハイリスクハイリターンの取引と言えるでしょう。バイナリーオプションは今大変人気の取引ですが、このバイナリーオプションにはレバレッジがありません。自分の口座に入っているお金でしか勝負できません。そのため最悪でも、口座のお金を上限として損失が生まれるだけです。ゼロにはなっても、マイナスにはならない、これが最大のメリットです。また株などの取引では、いくら上がったのかの「大きさ」が儲けに直結していますので、値動きが期待できない安定した市場では、面白みがありません。しかしバイナリーオプションは、一定時間内に上がったか下がったかだけを予想します。上がり下がりの大きさは関係ありません。たとえ1ポイントでも値動きがあれば成立するのです。もちろんトレンドフォローの方が勝ちやすくなりますが、レンジ相場であってもいつも通りの取引きができ利益を期待できます。相場が閉まる前に清算することも可能ですので、利益の確定が早いといったこともメリットの一つでしょう。一日一日が勝負になるのですから、持ち越すことがありません。しかし50%n勝率では実質の勝ちにはなりません。通常の株取引では何処かでハイリターンを手にしていれば、他の負けを補填していたなんてこともありますが、そのほとんどがローリスクローリターンのバイナリーオプションでは、それは望めません。一つ一つの価値の質を上げるよりも、勝負全体の質を上げることが必要となります。

2015/09/24 08:08:24 |
FXで取引をするには何かしらの指標が必要になってきます。ただ闇雲に取引をしても一貫性のないものになってしまいます。取引の指標を見せてくれるもののひとつにボリンジャーバンドがあります。使い方を覚えることによって取引の幅が広がるでしょう。ボリンジャーバンドというのはジョンボリンジャーが開発したテクニカル分析の一つです。標準偏差を用いることによってチャートを見やすくしています。内容まで理解しようと思うと難しいですが、ボリンジャーバンドの使い方さえ覚えてしまえば、誰にでも使いやすいテクニカル分析になります。基本的には移動平均線とそれに±1~3σまで表示がされているのが一般的です。ボリンジャーバンドの使...
2015/09/24 08:08:24 |
もしFXをしたことがあるなら、何に重点を置いて取引をされているでしょうか。手法、メンタル、分析、ファンダメンタルなどなど人によって重点を置くところは様々あると思います。しかしこの先もずっと勝ち続けていくためには資金管理に重点を置くことが特に大事になってきます。それはなぜかというと大きく負けないためです。FXをしているとどうしても負けるときはきます。勝率100%の手法なんて存在しないのですから。上がるか下がるかの確率なら50%です。もし勝率が50%なら2回に1回は負けることになります。90%でも10回に1回は負けるのです。この1回の負けで資金の全てを失ってしまう可能性もあります。そうならないため...
2015/09/24 08:08:24 |
FXの会社には、もちろん事務所があります。オフィスを構えていないような金融会社は、まず見られませんね。ところでその外貨を用いる商品の会社のオフィスには、ちょっと特徴があります。建物の色が、ちょっと独特なのですね。例えば、茶色の建物が非常に多いです。いくつかの金融会社のビルの外観を見てみると分かるのですが、かなりの高確率で茶色になっているのですね。もちろん、中には白色のビルなども見られます。しかしその割合よりも、茶色のビルの方が圧倒的に多い状況なのですね。それとガラス張りのビルも、案外多く見られます。建物全体がガラス張りになっていて、どことなく透明性が感じられるFXの会社のビルは、意外と多く見ら...